IT関連の仕事をしているので、常にパソコンに向き合っているといえます。
少し疲れを感じたときにはネットサーフィンをして気を紛らわせるようにしていますが、そんな時に面白そうなホームページを見つけました。
文京区で社労士をしている人のホームページですが、写真が多くて見やすいだけでなく、文章がプロのように面白くて引き付けるような魅力があります。
毎日更新しているので、いつも何が書かれているのかをチェックすることが楽しみになっています。

その社労士はホームページへの気合の入れ方が凄い

文京区で社労士をしているその人は、大学卒業後に一般の会社に就職したようですが人間関係に悩んだり、仕事にやりがいを感じられなかったようです。
そこで会社を辞めて海外を放浪した後に、手に職を付けようと社労士の資格を取得したことがわかりました。
社労士として働く傍ら、海外で経験した思い出を写真と一緒に語っている一方で、社労士の必要性についてもあつく語ってくれるので面白さを感じます。
ホームページでは毎日更新をしているだけでなく、文字数がかなり多いので気合が入っているなと感じます。
ブログも書いているのでホームページからリンクをしていますし、社労士の専門用語についてもわかりやすく解説しているページがあります。
また相談をしたいときはいつでもどうぞというように、掲示板まで解説しているので、誰でも書き込むことができるようになっています。
社労士の仕事とは関係ない質問にも丁寧に答えてくれるので、こんな人ばかりだと世の中は争いごとなんてなくだろうと思わせてくれます。

ネットを制する者が時代を制する

以前は社労士という仕事は見聞きしたことはありましたけれど、具体的な仕事内容については知らなかったのでホームページを開設してくれたことでこんな仕事をしていたのかとわかるようになりました。
自分と同じように考えた人が多かったようで、さいきんでは講演会の誘いもあるようです。
不思議なのは、ネットを閲覧するのは若い年代が中心ですが、講演会に訪れるのは年輩の方が多いということです。
講演会の内容が年金を受給するときの手続きについてだということも影響しているのかもしれませんが、高齢者が必要な情報が得られていないことがわかります。
ネットをすることができれば良いのですが、難しそうというイメージが先行してしまうようで、まだまだ必要な情報が手に入っていない人が少なくないようです。
でもその中でもパソコン教室に通う高齢者もいますから、やはりネットを制する物が時代を制するという言葉通りに、時代に乗りおくれないようにするためには自発的な努力が必要なのかもしれません。

サイトPR
文京区で社労士をお探しならこちらのホームページへ【石川労務管理事務所】
URL:http://www.ishikawa-romu.com/